バリ島旅行

バリ島 ングラライ空港から公共のバス・トランスサルバギタ(Trans Sarbagita)で市内へ

bali trans sarbagita

旅行日2017年1月

バリ島へ個人で行った場合に空港から市内へは自力で行く事になる

方法は❓

♦ホテルからの送迎をお願いする

♦日本から空港送迎を予約する

♦空港タクシーを利用

♦自力で空港から歩いて出てメータータクシーを拾うはこちらから

空港タクシーはエリアごとに定額料金を設定していて本来なら使いやすいはず💬💬

この定額料金自体が高い設定をされている、それより安いメータータクシーは空港内は乗り入れ禁止されている

一般的にどこの国でも空港からの交通費、両替も街中より高めの設定なのは仕方ない良く有る事

それをひいき目にみてもングラライ空港のタクシーは悪質⚡️⚡️

定額料金表が古いとか理由をつけて更に高い金額を言われる

特に女1人旅、深夜便で到着した時は不安感が強い、、そんな時に時代劇に出てくる悪代官の様な人相で吹っかけられるのだから不安が倍増する

最初の頃は私だって怖かった😰

悪質な空港ポーターは最近聞かなくなったが空港タクシーは何かと腹が立つ😡 使いたくない💢

大好きなバリ島で、空港タクシーは利権の温床 “ええ加減にせいっ”と言いたい😡💢

バリ島で初の公共のバス、トランスサルバギタがすでにサヌール、ヌサドゥア、バトゥブラン間を走っている

以前にクタ サンセットロードからサヌールに行くのにトランスサルバギタに何度か乗ってみた

運賃は大人1人 3500ルピア スーツケース、自転車も持って乗れる

ネックはバス停が街中からちょっと外れにありバス停に行くにも足が要るバス停までが不便

観光客には使いずらいく地元の人もそんなに乗っていない

私が乗った時はガラガラでした

そして、待ちに待った‼️ 

“トランスサルバギタが空港に乗り入れした”

が、詳しくアナウンスも無く詳細がつかめない

今回は1人旅なのでわがまま放題、トランスサルバギタに乗って空港を出よう

クタに近いバス停、セントラル•パーキングで降りたら、あとホテルまではメータータクシーで行けばいいのだから‼️

トランスサルバギタのバス停へ行くまでにタクシー!タクシー!と客引きがいますが振り切ってバス停を目指します

バス停でバス待ちをしている間もタクシー!タクシー!と声掛けてきます

クタには行かないとか、バスは来ないとか、

色々言ってきます

トランスサルバギタは時刻表は無く、バスはいつ来るか分からない

それは覚悟しバス停でバス待ちしていると、、バリ人女の子がどこ行くの❓

話し掛けてきました

拙い私の英語で何とか話していたら、、

何と‼︎

トランスサルバギタのバスの車掌さんでした

“トランスサルバギタには料金を徴収する車掌さんが乗っていて女性が多いです”

空港からタバナン行きのバスがあるそうです

もっと詳しく聞きたいけど言葉の壁がある、インドネシア語が話せたらアァ〜もどかしい〜〜

トランスサルバギタでタバナンに行けるなら次回行ってみようと思います。。

そこで出会った女の子の車掌さんとその知り合いの中学生くらいの男の子と3人で何となく会話して妙に親近感が湧いて楽しかった💕

一緒にバスに乗りこんでスーツケースを持ってくれたりホントに親切にしてもらって感謝です🙏

この時、バス停での待ち時間は40分くらいでした

降りるバス停はセントラル•パーキング•クタ 

車掌さんには伝えたので降りる時はちゃんと教えてくれました

空港からトランスサルバギタを使うメリットは

・1人旅

・時間に余裕がある

・交通費を安くしたい バス代 30円くらいです

・空港からとりあえず乗ってみたい

・バス停近くのホテルに泊まる 

♦2、3人で1週間くらいのバリ島旅行なら時間の無駄になるのでトランスサルバギタは止めた方が無難かと思います

 

空港 バス停までの道順はこの↓写真の門を抜けて進みます

出口にこんな風にポールを立てて観光客はトランスサルバギタ バス停ににも歩いても出さないぞと意図を感じる 

でも全然大丈夫、回って出ればいいだけなので

この門の向こう側が駐車場になってます、更に進んで行きます

小さいけど看板があります、左に曲がって行くとバス停とは思えない簡素なところですがベンチが置いて有ります

 左に見えるブルーのバスがトランスサルバギタ、冷房ガンガンで綺麗なバスです

空港→タバナン

運転手さん、私のスーツケースを持ってくれた男の子、笑顔が素敵でした

トランスサルバギタの路線図です

 

ABOUT ME
Yunyun
海外旅行が何より大好き✨これからもドンドン行くよ