旅行日2017年7月

スリランカ世界遺産の街キャンディで年に1度のお祭り

ペラヘラ祭りは10日近くに渡り行われるスリランカ最大のお祭りです

念願のペラヘラ祭り見物のためにスリランカにやっと来れた🥰

実際、ペラヘラ祭り見物をするには体力が要りました

私達の旅行記が少しでも参考になればと思います

ペラヘラ祭り中は、スリランカ中からも海外からも祭り見物のための人が怒涛の様に押し寄せる、特にお祭りのパレード沿いのホテルは値段が上がり直前では予約が取れない状況になります

私達の場合は半年前からホテルを予約していたにも関わらず泊まれませんでした

理由は予約がない、バスルームが壊れている、その場しのぎの理由にしか聞こえない内容でした

予約はエクスペディアから半年前に予約し支払済みでした、その時のバウチャーに予約は完了し再確認の必要は無しと記載されていたので安心してしまったのがいけなかった

予約したホテルは安いホテルでしたがパレードの沿道沿いに有りお祭り見物するには立地が良い上に安く通常料金だったと思います

お祭り中は高くても泊まる人がいるので、高い宿泊者を優先したとガイドさんが言ってました

イベント中やピークシーズン中はホテルに再確認が必要だと実感しました

私達はシーギリヤで出会った親切な日本人の方とスリランカ人のガイドさんのお陰で難を逃れ幸運でした

日本へ帰国後、エクスペディアを通じてホテルに抗議しましたがビックリする位いい加減な対応で呆れました

素敵な出逢いに感謝はこちらから

スリランカ宿泊編はこちらから

 

ペラヘラ祭り見物をするための注意点

▪️夕方4時頃迄にはパレード中心部へ行くべし

激混みの渋滞の為、交通規制がかかり通行止めになる

途中からのお祭り見物は出来ない

▪️ホテルは仏歯寺前のクイーンズホテルがオススメ

祭りのパレードは毎年ルートが変わるがスタートは仏歯寺からとなる

▪️パレード中心部のホテルを予約してもホテルからパレードが見える部屋は数少なく観覧席を確保する

早めに行っての場所取りは炎天下の中キツイ✖️

観覧席は当日早めに行き自力で探すことも可能⭕️

宿泊ホテルから予約し送迎付きで行った方が安全⭕️⭕️

私達はホテルから予約し1人80ドルでした

パレード沿いのホテルを予約しホテルの前の観覧席を予約⭕️⭕️⭕️

ペラヘラ祭りは長時間なので、途中ホテルの部屋へ帰り休憩が出来る

▪️ペラヘラ祭りのハイライトとも言える仏歯を乗せた象がパレードするのは祭りの終盤近く疲労もピークに達した頃になるので覚悟して行くべし

▪️お祭りがスタートすると宗教的規制でパレードを横切る行為は禁止

お祭りが終わるまで道路を渡れ無いので途中で帰れない

パレードの沿道沿いには観覧席やシートを引いての自由席など、人でびっしりなので歩道を歩くのは困難

▪️ホテルがパレード中心部にから遠い場合は、お祭りが終わる迄帰れない事を覚悟して行くべし

私達は事前リサーチが甘く覚悟が無かったのでもうフラフラでした💦

16時にパレード中心部へ行き、お祭りが始まったのが20時、終わったのが深夜1時近かった

プラスチックの椅子に9時間座りっぱなし、途中トイレへ行ったり立ったりしながらお祭りを見学した

▪️時間は長く座りっぱなしになるのでグッズ、飲み物、おやつは持って行くべし

 

こちらは仏歯寺の入り口、

 

警察官も出動、メインロードに入る所でボディーチェックが有ります


歩道は人・人・人

 

スリランカの人は昼間からこうして場所取り、逞しくもあり信仰心に敬意を払います

 

歩道沿いの店先もお祭り見物のための観覧席、ぎゅうぎゅうです

 

スナック菓子を配ってくれたり、看護師、ドクターが周って必要な人には薬を配ってました

炎天下の中から待機している人もいるので体調を崩す人も多いと思います

20時ごろ、ムチを打ち鳴らしお祭りがスタートしました

 

男性ダンサーによるキャンディアンダンス

 

待ちに待った電飾で着飾った象さんが来ました

 

この牙の形は、昼間に仏歯寺で見た象さんかな⁉️

 

後ろの列のスリランカ人の男性が日本語話せたので、解説して下さいました、ラッキー✨

日本で働いた事があるそうです

 

お祭りの後半、疲れが出てきた頃にスリランカの人達が一斉に達上がり合掌するんです

この時、疲れも一片に吹き飛んで、神聖な空気が漂うのを感じました

仏歯を乗せた象さんがだと分かりました

 

思わず私も合掌せずにはいられませんでした🙏

 

その後もパレードはまだ続きます

疲労も限界で座ってられなく、壁沿いに立ってたんです

スリランカの人はホントに逞しく優しい🥰

炎天下の中、場所取りをしたシートへ座るようにお誘いしてくれたんです

なんでそんな親切なん⁉️ 感動もんで、その方達家族の中へ入り引っ付いて座ろうかと思いました

が、感謝の気持ちだけ伝えました🙏🙏🙏

もうお尻が痛くて座ってられなかった

スリランカは自然と宝石の国💎

人も宝石💎 感謝することが一杯の旅でした

本当に長時間でした、終わったのは深夜1時頃だったと思います

こんな荘厳な雰囲気の中に自分が居られる事に感謝しかありません🙏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です